« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019/04/23

発酵美人さくら

2019年4月21日

高岡市佐野

Skr1 Skr2 Skr3 Skr4 Skr5 Skr6 Skr7以前通りかかって気になっていたお店。パフェが人気ということでベリーベリーパフェ780円とプリンパフェ850円。こちらのパフェに使われているのは糀入りのソフトクリームとジェラート。ベリーベリーパフェは生のいちごと冷凍のラズベリーとブルーベリーがソフトクリームにトッピングされており中に薄いいちご味のジェラートが入っていた。プリンパフェはフルーツパフェの中に小さめのプリンが入っていてこちらもソフトクリームグラスの底の方にもバナナやオレンジがカットされて入っていて良心的なパフェが人気なのだろう。ただ、パフェはソフトクリームではなくてアイス派なのと糀入りのソフトクリームがあまり好みではなかったな。やっぱり価格帯としてはソフトクリームのパフェがリーズナブルなのでしょう。

| | コメント (0)

2019/04/22

ねこうらら

2019年4月21日

ミュゼふくおかカメラ館

高岡市福岡町

Nek1 Nek2 Nek3 Nek4 Nek5 Nek6ねこ写真家の関 由香の写真展。主にアジアで撮影した猫の写真が多かった。女性写真家らしくかわいらしさを強調した写真が多い。普段テレビで岩合光昭の猫の撮り方を見慣れているから少し違和感がないでもないが、彼は動物写真家だから自然のままの猫を撮るのに対し、こちらは街を小道具として使っている感じで、これはこれでアリなのだろう。

| | コメント (0)

Partire(パルティーレ)

2019年4月21日

金沢市鞍月

Lut1 Lut2 Lut3 Lut4 Lut5 Lut6久しぶりのこちら。ほうぼうのスコルピオーネ、フリッタータ、のと115のマリネ、豚肉のパテ・ド・カンパーニュ、ごぼうのマリネ、ズッキーニと蓮根のグリル、モルタデッラ、蛍烏賊のライスサラダ。いつもながら手間のかかったバラエティな前菜。パスタは台湾産の生桜海老と春キャベツのスパゲティと生海苔とムール貝のクリームソースタリアテッレ+250円。季節感を大事にするこちらのパスタは桜海老の香りと生海苔の磯の香りが春らしい。飲み物はエスプレッソとコーヒー。いつもながらのクオリティに感謝。

| | コメント (0)

お茶とお菓子のアトリエ ha+co

2019年4月20日

かほく市横山

Hco1 Hco2時間も遅かったせいかあまり種類はなくて、イングリッシュマドレーヌとアイスティ。伝統的なケーキの作り方の本など見ながらゆったりとした時間が過ごせる。ガトーブルトンが食べたくてfacebookで見つけて伺ってみたけどこの日はなくて残念。

| | コメント (0)

cafe Y's home

2019年4月20日

野々市市高橋町

Wzu1 Wzu2 Wzu4 Wzu3 Wzu5前回伺った時にまだ咲いていなかった窓の外の八重桜は5分咲きくらいかな。この日もモーニングのお客さんがつい先ほどまでいらしたそうで、ワンプレートのランチの用意はできなかったと。Y's丼をお願いした。車麩の揚げたものを中心に南瓜、エリンギ、しめじ、なす、パプリカ、つぼみ菜のフリットに甘酸っぱいたれをかけて、ご飯は黒豆などが入った雑穀ご飯。すまし汁もこごみ入り。週末は飲みものがついて1200円。カフェオレとキャロットケーキを頂いた。キャロットケーキは千切りの人参が混ざってフォンダンを乗せたケーキに生クリームを添えて。

| | コメント (0)

STARBUKS COFFEE 大桑店

2019年4月20日

金沢市大桑

Sut1 Sut2 Sut3 Sut4 ストロベリーベリーマッチフラッペチーノレッド640円にカスタマイズでノンインホイップ、ホワイトモカシロップ+50円 。前回より ベリーがピンク色で甘さがホワイトチョコレートの分濃厚。昨年、やってみたかったカスタマイズが販売終了でできなかった。ノンカバーもお気に入り。ノーマルなレッドの方がいちご感があっていいかも。

| | コメント (0)

2019/04/20

la clarte(ラ クラルテ)

2019年4月18日

福井県坂井市丸岡町

  Cla1 Cla2 Cla3 Cla4 Cla5 Cla6 Cla7 Cla8 Cla9 Cla10 Cla11くるみのキャラメリゼとドライフルーツたっぷりのアイスケーキクレームグラッセ600円、谷口屋さんの豆乳を使ったオリーブオイル仕立てのガトーショコラ600円、la clarteオリジナルブレンドコーヒー500円。竹田近辺でお茶できるところを探して見つけた。基本は薪オーブン料理のお店だがティータイムでケーキと飲み物を出している。ランチは自家製ソーセージやパスタなどが出るらしい。こんどはランチに行きたいな。

| | コメント (0)

竹田しだれ桜まつり

2019年4月18日

福井県坂井市丸岡町

Tkd1 Tkd2 Tkd3 Tkd4 Tkd5 Tkd6 Tkd7 Tkd8 Tkd9 Tkd10 Tkd11ランチ途中に思いついて来た。平日だが駐車場はいっぱいで、周囲の道路に路上駐車している車がたくさんいる。誘導に従って何も考えずに走ると会場を素通りさせられそうになるので注意が必要。山の中で市街地からはだいぶ距離があると思うが、お年寄りを乗せた老人ホームの車がたくさん来ている。花は満開でちょうど見頃、こんな山奥だが福井県のお花見スポットNo.1らしく、とても多くの人が来ていた。

| | コメント (0)

2019/04/19

kanazawa LA BETTOLA da Ochiai

2019年4月18日

金沢市香林坊

Oti1 Oti2 Oti3 Oti4 Oti5 Oti6 Oti7 Oti8 Oti9 Oti10 Oti11 Oti12平日限定パスタランチ2800円。ネット予約したらサービスでブラッドオレンジジュースをサービスしてもらった。前菜盛合は玉葱とホワイトアスパラのスープ、鴨のはちみつローストときのこのソテー、モルタデッラ、サラミ、ズッキーニのフリッタータ、サーモンマリネ、マグロとアボガドのタルタル、カポナータ。魚介(イカ、タコ、ホタテ、バイガイ)と菜の花とウドのマリネ。パスタ2種はこの日のパスタ能登牛のミートソースリガトーニとチョイスの1種。スモークサーモン、エリンギ、ほうれん草のクリームソーススパゲティと小エビとフレッシュトマトとルッコラのスパゲティをチョイス。ドルチェはテラミス、いちごのマリネを添えたカッサータ、チョコレートのサラミとメレンゲの焼き菓子、フルーツのマセドニア。コーヒーとエスプレッソ。

| | コメント (0)

STARBUKS COFFEE 大桑店

2019年4月18日

金沢市大桑

Stb1 Stb2 Stb3 Stb4ストロベリーベリーマッチフラッペチーノレッド640円、ストロベリーベリーマッチフラッペチーノホワイト640円。いま話題のフラペチーノを食べ比べ。当たり前だがレッドはイチゴが多く、ホワイトはクリーム感が強く甘い。似たものを複数出して食べ比べをさせるスタバの賢い戦略にまんまと乗せられているが、美味しいからいいか。

| | コメント (0)

2019/04/16

喫茶 凪

2019年4月14日

金沢市大野町

Nag1 Nag2 Nag3 Nag4 Nag5 Nag6 Nag7 Nag8情報誌に紹介されていてカフェへ伺うと、わかりにくい場所を車に乗りながら探しているらしい人達がいっぱい。徒歩で一足先にお店を見つけると、車から気づく人達がぞろぞろと来店。新しもの好きの金沢人で店内はあっという間にいっぱいに。そんな状況なのでデザートも数少なく。アールグレーの桜パンナコッタ550円、凪ブレンド500円をお願いした。こちらではデザートだけの注文はお断りで飲み物はマスト。アークグレーの香りがするパンナコッタの上に桜の花の塩漬け、透き通ったゼリーで上をコーティング。1人でもカウンター席利用だったり押入れの中や階段の下の1人席がうまく活用されず、電話で呼び出される方が多かったよう。

| | コメント (0)

1の1 NONOICHI

2019年4月14日

野々市本町

Nno1 Nno2 Nno3 Nno4 Nno5 Nno6 Nno7お目当てのワンプレートランチを頂けなかったのでこちらへ。遅めだったこと、オープンして認知度が広まったこともあって店内はいっぱい。週替わりは焼売定食1000円。前回に比べてかなりさみしい献立。付いてくる惣菜も同じで給食当番は今回なし。だから、冷凍の焼売なのかな。後はパスタやオムライスなどだったので、塩サバ弁当を買って食べている人も多かった。

| | コメント (0)

cafe Y's home

2019年4月13日

野々市市高橋町

Cys1_1 Cys2_1 Cys3 Cys4 Cys5 Cys6いちごのクラフティとカフェオレ。ちょうど窓の外は八重桜で来週くらいが見頃かな。橋の下流は満開の染井吉野。庭にはアネモネ、そんな季節だな。入店時満員の店内はまだモーニングのお客様。ご夫婦で丁寧なお仕事は大変そう。モーニングが終わると静かなティータイムが訪れた。静かなティータイムが似合うお店なので平日がねらい目だな。

 

| | コメント (0)

パティスリーカフェ Couleur

2019年4月13日

小松市白山町

以前Crl1 Crl2 Crl3 Crl4フルーツパンケーキ950円と旬のパフェ1600円。パンケーキにはパイナップルやオレンジ、キウイ、グレープフルーツなどがシロップ漬けにされた果物がたくさん。小さめのパンケーキが3枚と生クリーム、メープルシロップが別添えで付いてくる。旬のパフェは宮崎マンゴーが一切れと日向夏、あまおう、でこぽんが入っている他にバナナ、オレンジ、グレープフルーツ、りんご、ぶどう、キウイ、アイスクリームとこちらもシロップ漬けのフルーツが底の細い部分に入っているのでコーンフレークなどで胡麻化さないフルーツパーラーのパフェ。でも、ペティスリー部分はかなり縮小されている風だったのは、マンゴーのバラの花のパフェを作るスタッフがいなくなったせいかな。

| | コメント (0)

Neo Bistrot LaChic

2019年4月13日

金沢市袋町

Las1 Las2 Las3 Las4前菜とメインのランチ1575円。前菜は新玉葱のスープ、キッシュ、スモークサーモンのマリネ、茹で卵、豚肉のパテ・ド・カンパーニュに粒マスタードで、リーフサラダ。メインはすずきとホタテムースのはさみ揚げホワイトアスパラのリゾットと能登豚のロースト粒マスタードソース。すずきの身の間にホタテムースを挟みパーティフィロに包んで揚げたものをクリーム仕立てのリゾットと共に。香ばしい衣とクリーミーなリゾットがおいしい。豚のローストは定番だけど付け合わせの野菜が季節によって変わっているこの日は芽キャベツやズッキーニを中心に。

| | コメント (0)

2019/04/12

菓ふぇ MURAKAMI

2019年4月7日

金沢市泉本町

Mkm1 Mkm2 Mkm3 Mkm4 Mkm5 Mkm6 Mkm7 季節のパンケーキ(あまおう)1300円と苺のあんみつお茶付き850円。最初にだされたのは小さな上用饅頭かと思いきや普通サイズのものを半分に切ったものを餡を下にしてお抹茶と。お茶は煎茶をチョイス、かわいい南部鉄器の急須で。パンケーキとあんみつのいちごが違ってパンケーキの方は甘い大きなあまおう。比べてしまうと違いは歴然。米粉が入ったパンケーキはふわっとと言うよりはちょっとさくっとした感じ。あんみつの方はいちごのシロップで作った寒天と白玉、よもぎの白玉、つぶ餡とバニラアイス。パンケーキもあんみつもいちごのソースをかけて頂く。

| | コメント (0)

金沢城址公園

2019年4月7日

金沢市丸の内

Jyu1 Jyu2 Jyu3 Jyu4 Jyu5 Jyu6桜はちょうど見頃で、石川門は観光客でごった返していた。最近は外人さんの観光客にも桜が人気のようで、日本人と同じように写真を撮っている。この景色、弘前城にも劣らない見事な桜だと思う。兼六園の中は古木の桜がかなり伐採されて桜の花が少なくっていたが、多くの観光客が桜の根元を歩く中、寿命を考えると仕方のないことかもしれない。

 

| | コメント (0)

嬉ぐ(うらぐ)

2019年4月7日

金沢市大手町

Ura1 Ura2 Ura3 Ura4 Ura5 Ura6 Ura7 Ura8 Ura9 Ura10季節の和食を頂きたくなると伺うのがこちら。ちゃんと季節の食材を抑えて和食の基本を逸脱しない料理。蓮根饅頭はこちらの定番。海老の天ぷらと蓮根、さつま芋の天ぷら。筍の若竹煮。なます、しめじとカタクリの葉のお浸し、鰆の昆布締めの炙り、若牛蒡とちりめんじゃこのさっと煮。蕗のように見えるのは牛蒡の茎とか。ご飯とみそ汁、切漬。少しずつ手間をかけた季節のものが食べられるのがうれしい。こちらでランチの後、金沢城址にお花見に行くのがここ数年の定番。

| | コメント (0)

NiOR(二オール)

2019年4月7日

野々市市白山町

Nor1 Nor2 Nor3ブール エ アンショワ420円、ボッロ エ メランザーネ450円。ブール エ アンショワはトラディッションのバケットにスカモルッアという燻製チーズ、エンダイブ、無塩バターにアンチョビをサンドしレモンタイムをトッピングしたボッロ エ メランザーネはローストした鶏肉、酢漬けした揚げ茄子ドライトマト、バジルのサンドイッチ。チーズより厚い無塩バターに驚き無塩バターにアンチョビの塩辛さがちょうどよいのだけれどカロリーが気になる。にんにく風味の揚げ茄子と鶏肉、ドライトマトの組み合わせもおいしい。イタリアのヨーガ スッコ・ディ・アーチェオレンジと人参のジュースと一緒に以前は無かったイートインスペースで頂いた。ちょっと2個はボリュームが多いけど1種類ではもったいないし、小さなサイズがあると嬉しいな。

| | コメント (0)

2019/04/10

カフェ コンディトライ ワイー

2019年4月6日

金沢市大額

Cyi1 Cyi2 Cyi3 Cyi4最近よく伺うこちらでアップルクラフティタルトと本日のおすすめコーヒー。週末限定のプリンアラモードは1000円。こちらのりんごのケーキは小布施のりんごでパテシェールでもあるマダムが作るりんごのケーキがおいしい。プリンも少し硬めで濃厚、アイスクリームと生クリーム、いちごにアーモンドのチョコレートケーキまで付いてくる。

| | コメント (0)

1の1 NONOICHI

2019年4月6日

野々市市本町

Non1 Non2 Non3 Non4 Non5 Non6 Non7 Non8 Non9 Non10 Non11 Non12 Non13 Non14 Non15 Non16 Non17 Non18 Non19 Non20 Non21 Non22 Non23野々市市が作ったニュータイプの施設「カミーノ」の向かい側の建物、民間商業施設スペース棟にある食堂。給食当番としてキッチンスペースをレンタルできるらしい。このときはメインのキッチンも小さいシェアキッチンもTMKキッチンというお店が料理を出していたようだ。TMKキッチンは子供向けの料理教室などを不定期に行っているまだレストランを出していないお店、今から出店を計画しているお店がお試しでレストラン経営をやってみるスペースとしても使える。チキン南蛮、ホウレン草のお浸し、ひじきの煮物、切り干し大根の煮物、茶碗蒸し、サラダ、味噌汁、柴漬け、ごはん。テイクアウト用にお弁当も売っているが店内でそれを食べることもできる。チキン南蛮の他塩サバ焼きやしゅうまい弁当も。シェアキッチンで購入したのは椿ミルフィーユという名のクレープ。なぜか食用のパンジーが飾られて、いちご狩りトッピング。中にはバナナも。椿は野々市の市花だけど食べられない。レンタルのシステムは大変斬新で面白いが、希望者が出なければ結局常駐の給食スタッフが料理を作る、普通のレストランになってしまう。野々市市民の食に対する意欲やオリジナリティーが試される場かもしれない。

| | コメント (0)

サン二コラ

2019年3月31日

野々市市扇丘

Nic1 Nic2 Nic3 Nic4久しぶりに来た気がする。ラズベリーのクラフティとフレジェとエスプレッソ、カプチーノ。日本発祥のショートケーキからフランス菓子のフレジェにシフトしている感があるが、こちらにもフレジェが。間のバタークリームがピスタチオ。作ってから時間が経っていたのか、上部のいちごが少し乾燥してつっぱり気味。エスプレッソは多めでうれしいがこの日は少し渋みが勝っていたかな。客は好き勝手なことを言うからいつもベストのコンディションで商品を提供するのは大変だろう。

| | コメント (0)

tawara

2019年3月31日

金沢市片町

Twa1 Twa2 Twa3 Twa4 Twa5 Twa6 Twa7 Twa8 Twa9 Twa10 Twa11 Twa12 Twa13 Twa14 Twa15 Twa16初めて伺ったこちらは珍しくカウンター席が多いフレンチレストラン。白のグラスワインとシャルドネのノンアルコール前菜は菊芋とふきのとうのフリット。蛍烏賊とキンカン、かぶのマリネ。すずきのポワレとマッシュルームのソテークリームの泡と。春キャベツと桜エビ、セミドライのホタテのソテー。鴨のグリル熟成させたじゃが芋と筍、ふきのとうのソースと岩塩を添えて。デザートはよもぎ麩のグリルに生クリームとベリーのコンポートを添えて。焼き菓子がチョコチップクッキーと小さなカヌレ。小さいのにカヌレはぱりっと音をたてた。カモミール系のハーブティーとコーヒー。全体的にフレンチを和の食材で構成された和洋折衷。料理の仕方としては色々な食材を混ぜ込んだ調理が多かったけどその食材同士のバランスがどうなんだろうと思わせた料理。季節感を大事にしていることはわかるのだけど。

| | コメント (0)

金沢市老舗記念館

2019年3月31日

金沢市長町

Sns1 Sns2 Sns3 Sns4 Sns5 Sns6 Sns7 Sns8 Sns9以前から前を通りかかっていたけれど、今回レストランの待ち時間に伺った。100円の入場料で以前南町の大通りにあった中屋混元丹の旧店舗。内部には金沢の老舗に伝わる代々の花嫁のれんや加賀手毬。茶の湯が盛んな金沢らしく茶室もあって、嫁入り支度の結納の豪華な水引飾りや、今はほとんどない五色生菓子を近所に振る舞う風習が紹介されていた。若い世代には知らない金沢の文化だな。

| | コメント (0)

滋味康月

2019年3月30日

滋賀県草津市大路

Jim1 Jim2 Jim3 Jim4 Jim5 Jim6 Jim8 Jim7 Jim9 Jim10 Jim11 Jim12 Jim13 Jim14 Jim15 Jim16 Jim17 Jim18 Jim19 Jim20 Jim21 Jim22今回は年度末の打ち上げ的に予約が取れないランチに変わって夕食に伺った。米原からの列車に間に合うように少し急いで料理をお願いし対応して頂いたのには感謝。滋賀県湖南市竹内酒造の明尽とジンジャーエール辛口。八寸は白魚の天ぷらと軽く燻した蛍烏賊、ふきのとうを混ぜ込んだ巻寿司、菜の花のお浸しやだし巻卵など桜の枝を添えて。草津で蛍烏賊と思ったがその後金沢で食べた蛍烏賊よりおいしかった。獅子肉を混ぜた蓮根の揚げ団子を白味噌仕立てで、鰆の焼き物も卸した新玉葱でレモンを絞って。ぶりを春菊のシャーベットと香味野菜、ポン酢と混ぜて。これも春菊のシャーベットが爽やかでおいしかった。のどぐろの炙りのお造り。琵琶湖で獲れたもろこの揚げ物、自然薯の蒸し物。煮えばなのお米からご飯に変わるところを浅葱ととろろをかけて。浅葱の辛子味噌和えさえもただものではなく。炊き上がった滋賀県産のご飯には福井のへしこと干し大根のべっこう煮、白魚の紅芯大根の卸し和え、お腹いっぱで少ししか食べられなかったおこげもおいしい。いちごと酒粕で作ったシャーベット。甘納豆と京番茶でとても充実した夕食でした。店内に飾られる盆栽はお願いしている先生がいらっしゃるそうな。ちょっと素敵です。すごく工夫されておいしさを追求した料理に是非また伺いたい。その足で金沢へ帰ってくることが出来るアクセスも魅力。

| | コメント (0)

2019/04/06

CACAO MARKET by MARIEBELLE

2019年3月30日

京都市東山区常磐町

Mri1 Mri2 Mri3 Mri4 Mri5 Mri6 Mri7 Mri8 Mri9 Mri10 Mri11 Mri12 Mri13 Mri14 Mri15 Mri16 Mri17 Mri18 Mri19 Mri20以前から前を通りかかっていたが秘密のカフェがあることを最近知って伺った。待ち時間1時間は最初にカフェの番号札に印刷されたQRコードを読み取ると、今何番目まで来ているかわかる。順番が来ると地下のカフェに通じる秘密のドアの暗証番号を渡される。白川の土手に面して窓があり、店内はさながらハリー・ポッターの世界。お水のコースターも板チョコをかたどったもの。お願いしたのはルビーチョコレートを使ったテラミスドリンクセット1620円+216円でチョコレートドリンクとフランボワーズのガナッシュがとろけだすフォンダンショコラとアイスクリームのドリンクセット1080円+540円。チョコレートドリンクはヨーロピアンのマイルドステック、とろりとスプーンですくって食べる感じのチョコレートとカプチーノ。チョコレートショップらしい濃厚なデザートでボリュームもある。カンノーロなどもあり本来ならいろいろ試したいところながら、夕食の時間にも近くまた改めて伺いたい。

| | コメント (0)

フレンチカフェ ル・クロ スゥ ル スリジェ ~桜の樹の下で~

2019年3月30日

京都市伏見区醍醐

Srj1 Srj2 Srj3 Srj4 Srj5 Srj6 Srj7 Srj8 Srj9 Srj10 Srj11 Srj12最近、寺院や神社がカフェを敷地内に出店するケースが多くなっているが今回醍醐寺のHPで見つけたのがこちら。イケアの家具を入れて枝垂れ桜を窓越しに見ながら軽いフレンチが頂けると言うもの。メニューは限られているがこの季節予約は出来なくて醍醐寺霊宝館の入場料が必要。三宝院、伽藍五重塔、霊宝館の3施設共通券1500円を買ってレストランの順番を待つ間枝垂れ桜を堪能。お願いしたのはプロデュースしている心斎橋のフレンチ・ル・クロのスペシャリテとろける牛ホホ肉の赤ワイン煮込み1620円とフランスのパスタヌイユ 864円いずれもサラダとデザート付きで+540円。いずれも薬膳スープが付いてくる。煮込み料理はちゃんとフレンチ。ヌイユはきのこのジャポネーゼできのことベーコンのクリームの幅広パスタ。デザートはギモーブ、トリュフチョコレート、抹茶のパウンドケーキとちょっとさみしかったけれど、後はカレーやサンドイッチなどしかないが店の窓から見える枝垂れ桜が素敵。またこの季節に伺いたい。今度は窓際でゆっくり桜を眺めたいな。

| | コメント (0)

世界遺産 醍醐寺

2019年3月30日

京都市伏見区醍醐

Dig1 Dig2 Dig3 Dig4 Dig5 Dig6 Dig7 Dig8 Dig9 Dig10 Dig11 Dig12 Dig13 Dig14 Dig15以前来たときは早くて蕾が多かった、今回は一重の枝垂れ桜がちょうど見頃。3館共通入場券1500円を買って境内に入ると、至る処に桜咲いている。 八重の枝垂れ桜はまだつぼみのはずだが、境内の桜は満開に見える。醍醐の桜で有名な三宝院の枝垂れ桜が残念なことに大きく枝を切られていた。大きな木だっただけに老木なのだろう。前回この機だけが美しい花をいっぱいつけていただけにとても残念。ここの桜の時期は人でいっぱいで身動き取れなくなると聞いていたがそれほどでもなく、ゆっくり歩いてたくさんの枝垂れ桜を楽しむことができた。

| | コメント (0)

中村藤吉本店

2019年3月30日

京都府宇治市宇治

Nkm1 Nkm2 Nkm3 Nkm4 Nkm5 Nkm6 Nkm7 Nkm8 Nkm9 Nkm10 Nkm11 Nkm12 Nkm13Nkm14 Nkm15今年度最後の京都、草津日帰りの旅。朝6時のサンダーバードに乗り、以前いちど行列したが遂に食べられなかったこちらに9時20分着、10時の開店まで行列につく。ここでしか食べられない、太い竹に入ったまるとパフェと抹茶ゼリイ。抹茶ゼリィと抹茶のアイス、あずきと自家製の白玉。とても濃厚な抹茶ゼリイとインパクトのあるルックスは、それだけでもここに来る価値がある。まるとパフェも抹茶ゼリィが入っていて中村藤吉本店以外ではグラスで提供されているまるとパフェは本店だけで竹の器に入ってくるのでインスタ映えを狙ってなのかいつも大行列。カフェを待つ間ほとんどの人がショップでお買い物なのでショップも朝は工場から商品が届くまでの間、品薄状態。店内では利き酒ならぬ利き茶もやっていて本業のお茶の販売にも余念がない。栗と抹茶、京番茶のフィナンシェをお土産にした。大きな栗が入っていてボリューム満点。長年の宿題を一つ終えることができた。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »