2019/02/07

PATISSIER eS KOYAMA

2019年2月5日
M’ZA8F
Sco1Sco2Sco3Sco4 今年のバレンタインチョコはエスコヤマのこちら。緑色のは抹茶とひの菜、オレンジ色のは奈良漬け茄子、両方とも2000円税別。ひの菜は、滋賀県日野町が発祥地であるためこの名が付けられたカブラの一種で、その漬物のさくら漬けは京都でよく売っている。チョコの中に細かく刻まれたひの菜が入っている。奈良漬けの方も細かく切られた茄子が入っていたが、味は奈良漬けというよりも味噌に近い。最近わさびや生姜など和の素材を入れたチョコが多くなってきたが、ここまできたが、という感がある。もちろんどちらもチョコとしても美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/31

ルーブル美術館展 ルーヴルッ子&東京こはく

2018年12月27日
大阪市立美術館ミュージアムショップ
Rub1Rub2Rub3Rub4Rub5Rub6鎌倉・鶴岡八幡宮の前に本店がある、鎌倉紅谷の看板商品「クルミッ子」の特別パッケージ「ルーヴィルッ子」810円東京・半蔵門に店舗を構える、一心堂本舗の琥珀糖918円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/29

カフェフロインドリーブ本店

2018年12月27日
神戸市中央区生田
Fro1Fro2Fro3Fro4Fro5Fro6Fro7Fro8Fro9Fro10 お茶はこちら。1階がショップで2階がカフェになっている。ザンクーヘン、芥子のパン、カフェオレ、コーヒー。小さい菓子がコップに入って出る。もと教会で、天井が高く窓が細長いとても美しい建物で、神戸に来るといつも寄ってしまう。このときはシュトーレンは既に売り切れていて残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

bills大阪

2018年12月27日
LUCUA 1100 7階
Bil1Bil2Bil3Bil4Bil5Bil6Bil7Bil8Bil9 日帰りで大阪、神戸、京都。サンダーバード2号で大阪着後、朝食はこちら。駅に直結するビルの7階だが、5階でいったん屋上に出てエスカレーターで行くというのがわからず、迷ってしまった。リコッタパンケーキ/バナナ、ハニーコームバター、オーガニックスクランブルエッグ/トースト、スムージーはバナナ、カカオ、アーモンドなどが入ったbillsロウなど。ふわふわのパンケーキは他の店も出てきて今は珍しくなくなったがこちらのはやっぱり美味しい。平日の朝のためか客は少なく、静かな朝食だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/21

イル・グラン・ノッチョラート

2018年11月21日
イタリア産 MAINA社パネトーネ
Noc1Noc2Noc3Noc4マイナ社のパネトーネは一年中売っているものではなく、クリスマスが近づくと生産するらしい。ネットで買えるようになった16日に買い、21日に届いた。ノッチョラートはドライフルーツがいっぱい入っていて上部がマカダミアナッツ風味の砂糖で焼いてある。大きさが1kgのものしかないので2人で食べるとたっぷり一週間くらい楽しめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/01

源吉兆庵

2018年9月25日
さんすて岡山店
Kit1 岡山の銘菓といえば源吉兆庵。陸乃宝珠はマスカットオブアレキサンドリアを求肥で薄く覆い、砂糖をまぶしたお菓子。マスカットの酸味と砂糖の甘さが絶妙!らしいが、職人の技術などでなく、お菓子の重要な部分をマスカットの味に頼っていてるのに1個280円以上するものを高級和菓子と呼ぶのは、上生大好き人間としては少々抵抗がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

cafe モン・ルポ

2018年9月25日
岡山市北区奉還町
Mon1Mon2Mon3Mon4Mon5岡山の商工会議所が中心に企画しているのがフルーツパフェの街岡山。パフェの紹介とマップを出している。その中から選んだのはランチ前の予定であまり大きく無いものでおいしそうだったこちら。ぶどうと梨のパフェと紅茶のセットを2人でお願いした。パフェはピオーネとシャインマスカットが1粒。白桃のシャーベットに生クリーム下にはオレンジ風味のミントの葉が刻まれたゼリーの中には刻んだ白桃も混ざっていたような。割とさっぱり系のパフェで大きさもちょうどいいサイズで丁寧な手作り感。老舗の喫茶店らしく11時を過ぎると常連のランチ客が続々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/29

cafe EL GRECO

2018年9月25日
倉敷市
Elg1Elg2Elg3Elg4Elg5Elg6Elg7Elg8 倉敷アイビースクエアと同じくかつての倉敷のシンボルの喫茶店は今でも健在。ここのシンボル的メニューのレアチーズケーキとコーヒー。柔らかめのタルト台に乗った、縁が大きいチーズケーキにブルーベリーソースがトッピング。蔦がからまるレトロな外観のとおり中もレトロで、朝のせいか客が少なく静かだったこともあり、落ち着いた雰囲気でよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/27

BACKEREI BIOBROT(ベッカライ ビオブロート)

2018年9月24日
芦屋市宮塚町
Bio3Bio4某雑誌のパンの特集で見かけた日本3大パン屋の一つに挙がっていたのがこちら。目的のスイーツのお店に非
Bio5Bio6常に近かったのでこの機会に伺った。店内はたぶんグルメな全国紙の影響で一見さんが多く訪れているらしく全種類の試食を慣行中。いつも試食を出しているらしいがこの日は3連休。試食の合間にどんどんパンがなくなっていく。珍しい全粒粉でオーガニックの蜂蜜など使っている。クロワッサンとシナモンロール、クノーテンいずれも全粒粉の少し甘めのもっちりとしたパン。名前からドイツパンのイメージだがかしっとしたライ麦パンのイメージとは異なり日本人好みのドイツ風パンの感じ。人気の食パンは予約だけで売り切れで本来は当日予約販売の店だが、余分に作った分を店頭で売っている感じ。全粒粉のクロワッサンて今までにない味わい。サクサクではなくしっとりのクロワッサンにちょっと驚いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/02

コンパル メイチカ店

2018年8月31日
名古屋駅メイチカ
Kop1Kop2Kop3Kop4Kop5名古屋のえびふりゃが有名だが、それをサンドイッチにしたことで手軽な食事ができると聞いてこちらのお店にテイクアウトをお願いした。15分ほどかかるということで支払いを済ませて注文票が受け取りになるシステム。出来上がると注文票の伝票番号が呼ばれる。トーストした食パンに繊キャベツと海老フライを3匹並べてタルタルソースがはさんである。3分の1にカットしてそのままクッキングシートで包み、少しだけ海老のしっぽも付いていてかりっと香ばしい。大きめの海老がぷりっとタルタルソースがたっぷり目で、テイクアウトするほとんどの人が注文する人気アイテム。帰りの列車の中で頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧