2017/02/15

ロティスリーユイット レストロリン

2017年2月11日
長野県松本市大手
Hui1Hui2いつも信州方面に来るとランチの情報は地方情報誌を参考にしたりだったが今回食べログで評判のいいお店に
Hui3Hui4Hui5伺うことに。いつも前を通ってい
Hui6Hui7たが気が付かなかったお店でお肉のローストが売り。Aコース本日の前菜にメイン、デザートをチョイスする
Hui8Hui92160円。メインは鶏の骨付き赤ワイン煮込み+500円とこぶ鯛のロースト、クレームキャラメルとエスプレッソ、
Hui10Hui11チャイブラマンジェとコーヒーをお願いした。前菜はベビーリーフと人参のラぺ、かぼちゃのサラダと豚肉のリエットをチーズ風味のシューに詰めた物。豚肉のリエット今までの概念とはちょっと違った
Hui12Hui13リエットでおいしかった。鶏肉の赤ワイン煮込みは少しバニラのような甘い香りがしてこっくりと煮込んだ鶏肉。こぶ鯛も皮目がぱりっと身がぷりっとおいしい。店内にも飾られている鹿やきじのジビエ料理が食べられるかと思ったが、メニューになくて残念。デザートもなかなかおいしくてボリュームもあって大満足のお店。カトラリーのライオールミツバチのナイフはお肉料理の時だけセットされた。今回予約して行ったが人気のお店らしく、若い女性達で店内はいっぱい。おいしい料理を目当てに遠方から来ている方も多いよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/30

ヒカリヤ ニシ

2014年11月28日
長野県松本市大手
Nis1Nis2松本でフレンチとなるとこちらに伺うことが多い。扉温泉明神館のフレンチシェフが手掛けるお店で2800円コーNis3Nis4スをお願いした。前菜は信州サーモンのスモークと言っても軽いスモークで生に近いスモークを大ぶりの切り身
Nis5Nis6で上には生のカリフラワーのスライスのマリネをトッピング。カリフラワーのマリネは食感と茹でた時のカリフラワー臭さが無くてちょっとお気に入り。さっそくピーラーで削って真似して作ってみた。Nis7Nis8スープは焼き茄子のスープにかりっと焼いた名残の秋刀魚を一切れ。焼き茄子の香ばしい香りが秋刀魚を引
Nis9Nis10き立てる。メインは伊達鶏の低温ロースト。胸肉をジューシーに長時間かけて火入れされ外の皮はパリッと。
Nis11Nis12ポルチーニのソースも秋らしい香り。デザートはさつま芋のアイスクリーム、プリン、柑橘のロールケーキ、パリッ
Nis13Nis14とかりっと焼かれたカスタードがおいしい小さなカヌレとオレンジピールが入ったマドレーヌ。コーヒーを頂いてお腹いっぱい。古い蔵の2階に作られたレストランで各テーブルには料理を魅せるライトが施されている。以前は平日限定でデザートワゴンからチョイスで来たのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/02

レストラン ミューズ

2014年1月31日
長野県中野市
Miz1Miz2Miz3昨年に続いてスキーへ行く前にこち
Miz4Miz5らでランチ。前回前菜の付いた3800円のコースだったが今回は2500円。ケークサレがアミューズとして出され甘
Miz6Miz7くなくてベーコンのスモークや黒胡椒が効いて本当のケークサレはこんなのだなと思える美味しさ。スープは蕪と
Miz8Miz9蕪葉の具だくさんのクリームスープ。メインは牛ほほ肉の赤ワイン煮込みと信州サーモンのグリルをお願いした。
Miz10Miz11やわらかく煮込んだほほ肉は意外とさっぱり軽めの煮込み、サーモンの方も軽めにローストしてクリーム系のソースで。デザートは冬の定番のりんごのタルトときんかんのコンポート。タルトは薄焼きのピッツアのような生地にカスタードクリームと薄切りのりんご。焼きあがったパイのようなタルトにシナモンなどスパイスが効いたアイスクリーム。ショーフロアの美味しいデザート。きんかんのコンポートも飴がけで甘さも控えめきんかんのフルーティなデザート。コーヒーとサービスされたのはギモーフ、アーモンドのクッキー、抹茶のショコラ。冬の平日のランチはお客さんも他になく、のんびりとしたサービスは信州時間が流れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/19

VILLAD’EST GARDENFARM AND WINERY

2013年9月16日
長野県東御市
Vil1Vil2前回伺ったのはオープン当初で大混雑の中だったが、今回は予約を入れていた上に台風の襲来。テラスでランチを始めたころは台風一過で青空も見え始めた。こんな日にようこそとサービスされたのはりんごジュースとアップルシードル。と言ってもシ
Vil3Vil4Vil5ードルは遠慮しました。Vil6Vil7Vil83800円のVil9Vil10コースの最初の一品はいちぢくの一口パイ。スープは+300円でお願いした冷たくて甘いさらっとしたコーンスープ。前菜はオクラの信州みそVil11Vil12ソースかけ、茄子のマリネ、焼き野菜の玉葱とレーズンのソテー、リースレタスのサラダ。いずれもこちらの菜園
Vil13で獲れた野菜たち。メインは信州豚のシードル煮と自家製ソーセージとすずきのポワレ信州サーモンと丸茄子のリエットをチョイス。シードル煮はやわらかくてとろとろの豚肉がおいしい。自家製ソーセージも肉々しくてジューシー玉村さんが描いたカラフルなお皿に負けないボリューム感。ポワレはお皿に敷かれた少し濃い味のサーモンのリエットの上にすずきのポワレ、その上にハーブのベビーリーフと揚げ野菜がたっぷり。リエットをソースとしてポワレと一緒に頂く発想。デザートはベリーのテラミスとラズベリーのシャーベットにハーブティとコーヒーで頂きました。前回伺った時よりゆったり食事ができて料理の印象は良かったです。カフェと言うことですがかなり本格的な料理に満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/21

レストラン ミューズ

2013年1月18日
長野県中野市
Myu1Myu2Myu3以前から候補に上っては消えていた
Myu4Myu5お店へようやく伺った。ベルギーやフランスで修業されたと聞いていたが最初に出てきたのはケークサレ。どこやらのケー
Myu6Myu7クサレとは違い外はかりっと中はスパイスが効いたおいしいこれぞケークサレ。前菜とメインはチョイスできて仔羊とフォア
Myu8Myu9グラのパテとかんぱちと黒そいのカルパッチョをチョイス。癖のないパテと柚子が効いたカルパッチョなかなかです。パンは
Myu10Myu11Myu12自家製焼き立て予約が私達だけの為
Myu13Myu14に焼いてくださったようです。スープは根菜や青菜たっぷりのクリームスープ。メインはマンガリッツアポークのグリルと信州サーモンのグリルをお願いした。いずれも素材の味を生かした丁寧な料理。デザートはこの時期りんごのタルトにスパイスアイスクリームをのせたショーフロアなデザートと黒胡麻のブリュレ。りんごのタルトのきれいなこと。シナモンをかけて焼くりんごよりいろいろなスパイスが香るアイスを添えることで香りが引き立つ。3800円と少しお高めの料金設定でしたがお腹がいっぱい。前菜なしのスープとメインでも充分。コーヒーとお茶菓子がでて大満足でした。もう少しするとデザートがブリュッセル風のベルギーワッフルになるとか。また、機会があったらと思います。ちなみに、小布施のケーキ屋さんとシェフご兄弟とか。こちら宿泊施設も昨年からオープン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/18

オーベルジュ エスポワール

2011年7月17日
長野県茅野市北山蓼科中央高原
Esp1Esp2前回、ジビエを頂きに伺ったお店に夏の野菜を頂きに。前回と同じ薬草茶とイタリアガス入りのお水をレモンで食前酒代わりに頂いた。そう言えばこちらメニューにない前菜がいっぱい出てくることを忘れ
Esp3Esp4Esp5て季節野菜のスティックを新玉葱とふ
Esp6Esp7Esp8きのとうのソースで、すいかのブル
Esp9Esp10スケッタ、牛テールのサラミを頂いてコースメニュー以外に単品でこの時期だけと言う夏きのこの瞬間マリネヴァニラ
Esp11Esp12風味を追加。夏きのこは梅雨明けの合間に出るきのこだそうで赤山鳥茸(あかやまどりだけ)というきのこ。秋と違っ
Esp13Esp14て香りは無く食感が笠はぬるっと軸はぱりっとした感じでほとんど生の状態でドレッシングでさっと和えただけ。コー
Esp15Esp16スの前菜は須坂市産のサフォークのカルパッチョ。サフォークとは子羊のことで野菜無しのカルパッチョは脂っぽくて
Esp17Esp18かなりきつかった。もう一つのチョイスはメリメロサラダ。サニーレタスを中心にタンポポなど野草を混ぜ込んだサラ
Esp19ダ。自家製の生ハムやスモークサーモンなどもちらり。山葵菜が混ざっていたが野草を確認できず、やや苦味のある爽やかなサラダ。この後、またお口直しの山菜のグラタン。メインは福味鶏のポワレエビスの香りタイム香るライス添えきのこクリームソースときのこといか、すずきのソーセージ仕立てセップ茸の香りをチョイス。こちらの料理に使われるきのこは栽培きのこだそうでソーセージの中身は肉と違って水分が多く腸を切ると流れ出す感じ。粒マスタード、マスタード、ピンクペッパーなどを好みでとのことだったがピンクペッパーなど混ぜたペッパー類をつけて頂くのが好み。デザートは白花豆のモンブランと杏のスープ仕立てコーヒーとフレッシュのハーブティーレモングラスとミントのお茶を頂いた。焼き菓子としてルバーブが入ったプチシューと杏仁豆腐が添えられてお腹一杯。前菜とメインだけのつもりだったのにフルコース以上に頂いてしまって。信州の食材にこだわっているがそれゆえにフレンチには和洋折衷の感が出て無理があるよう。ちょっと残念だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/12

オーベルジュ エスポワール

2010年12月11日
長野県茅野市北山蓼科中央高原
Es1Es2本格的なジビエ料理を食べるのが今回の目的。選んだお店がこちら長野県の野生動物を使ったフレンチを提供しジ
Es3Es4ビエ料理の普及に努めている藤木シェフの宿泊もできるオーベルジュに伺った。4800円のコースで前菜、メインがジビエとその他の料理からチョイスできる。前菜の前にセロリ、人参、大根、ヤーコンのバーニャガウダ風、ソースはなすのソースとかいずれも生の野菜をソースにつけて、生のヤーコンは梨のような食感で甘くて美味しい。その後長芋のキッシュが小さな一皿として出された。飲み物はカモミールなどのハーフティーを炭酸で割ったものと地元に伝わるどくだみ、ミントベースの薬草茶。どくだみと言っても苦くなく飲みやすい。
Es5Es6前菜は鹿肉のテリーヌと自家製燻製の盛り合わせをチョイス。鹿肉のテリーヌはくせも無くて淡白な味わい、香辛料
Es7Es8が香っているので臭みも無く美味しく頂ける。燻製はイノシシを期待したのだけれどチキン、信濃サーモン、生ハムで
Es9Es10見せてもらったイノシシの生ハムは別料金。でも自家製の燻製小屋で作りたて燻製は香り高くおいしい。庭に並んでパンを焼くための石窯の小屋もあってカンパーニュと丸パンが出された。これも自家製の柔らかい豚肉のリエットを付けていただく。このリエットでパンがすすんでしまう。スープは白葱のスープ。
Es11Es12メインとしてチョイスしたのは高遠産の山鳩1羽のロティと鹿肉のロティジンの赤ワインソース。山鳩(ピジョン)は頭もそのまま半分に割って脳みそは白子のようなので吸って食べてと勧められた。肉質はやはり野生で脂の少ない筋肉質、ソースに内臓や血を混ぜ込むらしいが濃厚な甘めのソースと少し強めの焼き加減で食べやすくなっている。足や羽の部分の肉が薄いのでフィンガーボールで指を洗いながら手で食べる。帰り際、シェフ直々お見送りに出て頂いてきれいに食べて頂いてありがとうございますと。鹿肉のロティは柔らかくジンのソースが濃厚で美味しい。じゃが芋のプディングも手が込んでいてさすが。
Es13Es14デザートはりんごのタルトとりんごのシャーベット、いろいろ野菜のパルフェをチョイス。りんごはスタッフの実家のりんごだとか、パルフェはごぼう、セロリ、じゃが芋のシャーベットに南瓜のプディング、人参
Es15Es16Es17のスポンジ、パプリカのムースが層になって全部野菜のパフェ。それぞれの野菜の味がしてそれでいてデザート。エスプレッソとマリーゴールドとレモングラスのフレッシュハーブティをお願いした。プティフールとして杏の種から作った杏仁豆腐と栗の渋皮煮の入ったプチシュー。すべて手を抜かず手作りでフランスのオーベルジュを思わせる。2日前に降った雪で外は冬景色。テラス
Es18Es19席は明るくて気持ちがいい。季節を変えて野菜や雑木林から採ったきのこの季節にまた伺いたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/11

ヒカリヤ ニシ

2010年9月10日
長野県松本市大手
Hik1Hik2以前から気になっていた松本市内のある蔵を改装してフレンチレストランをニシ、和食をヒガシとして営業しているお
Hik3Hik4店。実は扉温泉・明神館の経営。2800円のコースをお願いしたがこの日平日限定のデザートビュッフェでちょっとお
Hik5Hik6得な気分。前菜は信州産霜降豚の自家製ハムのサラダ。甘めのドレッシングと甘いトマトがフルーツソースのようにハムに絡む。ごぼうのスープカプチーノ仕立て。メインはマグロのソテーきのこソース。さくのマグロを大きくカットして中はレアの状態。きのこのソースは信州産の椎茸、えのき、舞茸など、扉温泉は雑木林の中、雑茸を期待したけれどすべて栽培茸。
Hik7Hik8デザートは10種類のデザートをワゴンからチョイス。柿のレアチーズケーキ、胡桃とりんごのケーキ、ピスタチオのブリュレ、洋梨のグラタン、巨峰入りの白ワインのゼリーをチョイス、小さなアフタヌーンティ
Hik9Hik10ーのスタンドに一皿ずつ乗せてサービスしてくれる。ブリュレやグラタンはその場で焼き目をつけて。すこしずついっぱい食べられて嬉しい。このお店お洒落に蔵を改装してあるので女性客が多いよう。通りに面した建物はエントランスだけで、中に入ると軽井沢・星野やのメディテーションバスを思わせる水盤があって、その奥から庭を渡って蔵の2階のレストランに入る。厨房は1階にあってガラス越しに作業風景を垣間見ることが出来る。今度機会があったらヒガシにも行って見たいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/05

ラート・ドゥ・ラ・サヴール

2010年5月4日
長野県安曇野市有明
Zav1Zav2前日予約にTELをしたが連絡は取れず結局当日予約で、GWのこともあっておまかせで3500円コースのみ。それでも、当日予約が取れてラッキー入店時に断られて諦める人達も。予約時、材料が限られているのでと釘を刺された。まず、スープはすくな南瓜のわりとさらっとしたクリームスープ。前菜は帆立のグリルとブリュレのような卵に生ハム、サラミのようなソーセージや山菜のフリットなどのサラダ仕立て。さすがお皿の上に描いた料理はロブションで腕を磨いたセンスが光る。
Zav3Zav4フェンネルシードルを練りこんだ自家製パンは香りとハーブの味が料理にマッチしておいしい。塩は新潟の玉藻塩、オリーブオイルはスペイン産。お隣の席はみなさんワインを飲んで、運転はどうするのと思
Zav5Zav6Zav7いながら私たちはイタリア産ガス入りのお水をお願いしてワイン気分。メインは牛ホホ肉の赤ワイン煮込みでこれが材料が限られているのでと言う意味らしい。フレンチのお店で煮込み料理はいざと言うときの非常食。でも、他のお客さんたちのメニューよりおいしそうだし、シェフが手間をかけた煮込み料理は技術がわかる料理。安曇野の野菜たちと盛り付けられたお肉はほどけるように柔らかい。しっかり煮込んであるのにソースは軽い感じ。あちこちで食べる牛ホホ肉の赤ワイン煮込みの中でもレベルが高い。お口直しにと出されたのがいちごとバルサミコ酢のソルベと安曇野の天然水。
Zav8Zav9Zav10デザートはトンガ豆のムースとマンゴープリンにパッションフルーツのかりっとした種が添えられたチョコレートとラズベリーのソース。いろんな味と食感が楽しめるデザート。カプチーノとエスプレッソを頂いた。
Zav11お店はアートライン沿いの有明別荘地を抜けたところ。店の後ろに蕎麦屋が出来てちょっとロケーションを悪くしているが、この当たりでランチをはずしたくない時は是非こちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/07

No One's Recipe(ノーワンズレシピ)

2008年9月6日
ホテルブレストンコート内
Bb1Bb2Bb3高原の朝、ベットに差し込む朝陽で早めに目が覚めた。朝食は7時から、混むのも嫌なので早めに出かけるとやっぱりテラスに面した朝陽の当たる窓側の席が用意されていた。前回は、風が気持ちいい外のテラスで朝食を摂ったが夕食より朝食の窓側が嬉しい。これもシェフが変わったせいかバイキング形式が少し変わってスペインの小皿料理タパスを取り入れたとかでトレー代わりのお皿に小さなグラスや小皿に乗せられた料理をチョイスしていく。それに卵料理の代わりに厨房から温泉卵と生ハムのそば粉のガレットがテーブルに届けられる。小皿は後から来た人にも料理が散乱した状態にならないための工夫らしい。チョイスしたものは茄子のマリネ、フルーツ、魚介のキッシュ、蕪のフラン、豚バラ肉のトマト煮込み、スティックサラダ。スープはじゃが芋とかぼちゃの冷製スープ。カプレーゼ、生野菜、丸パンにマーマレードとレモンのはちみつ。グレープフルーツジュースとプレーンヨーグルトにブルーベリージャムとはちみつ、フルーツを添えて。
Bb4Bb5以前ははちみつの種類もレンゲやアカシアなどそろえてあったが今回はジャムが主ではちみつは1種類のみ。タパスも見た目はきれいだけれど内容が今ひとつだったかな。店内ではこの日の挙式に訪れた東京からの参列者が朝早くに出発したらしく眠そうに朝食を摂っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)