2019/03/16

フランス郷土料理ガレットの店ブレ・ノワール

2019年3月11日
長野県安曇野市穂高有明
Ble1Ble2Ble3Ble4Ble5Ble6前回来て美味しかったので再訪。基本のガレットとリンゴとアイスが乗ったガレット、ノンアルコールのホットワイン、カプチーノ。今回も他に客はおらず静かだった。食事ガレットも充実していて、次の機会には、蕎麦屋にこだわらず、ここでランチにしようと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/26

桜井甘精堂

2018年9月23日
長野県小布施町
Sku1Sku2Sku3Sku4Sku5Sku6Sku7 ここの栗きんとんは毎年この時期だけ、2週間ほどしか売り出さず、予約もお取り寄せもできず、また、時刻が遅くなると売り切れている確率が高いので、朝早くに店に来るしかない。栗きんとんは5個入りを購入、店が開店して間もなくだったがだいぶ売れていた様子。程よい水分、栗そのものよりも濃厚な栗の味はここの栗きんとんならでは。店の前で焼き栗を売っていたのでそれもゲット。こちらは焼いた栗をスプーンですくって食べる。栗きんとんとは違ったホクホク感が味わえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Patisserie Rond-to

2018年9月23日
長野県小布施町
Rto1Rto2Rto3Rto4Rto5Rto6 毎年恒例栗きんとんツアー。朝から客が行列でケーキを買い求めている。先にカヌレを買いケーキを予約して11時にカフェがオープンした後に店に戻ってケーキを食べた。タルトタタン、ダージリン、サントノレ、アイスティ。タルトタタンはリンゴをよく煮込んで歯応えを柔らかくしたもの。サントノレはシューの中がキャラメルクリームの正統派、カヌレは外がカリカリ中はもっちりで洋酒の香りがいい、どれもクラシカルだけど誤魔化しのない正統派フランス菓子。小布施に来たときには欠かせない。近年客が多くなったのが常連としては残念だけど、美味しいのだから仕方ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/25

北斎亭

2017年9月23日
長野県小布施町
Hks1Hks2 志賀高原付近でお茶スポットを見つけることができず、また小布施に舞い戻った。あんみつ、クリームあんみつ。栗餡がとても甘いため、甘いのが好きな私はそのまま、また、それがあまり得意ではない連れは、その甘さを中和するためにアイスクリームが乗ったもの。ここも桜井甘精堂なので、今日は一日桜井甘精堂にお世話になったことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Patisserie Rond-to

2017年9月23日
長野県小布施町
Lnt1Lnt2Lnt3Lnt4 2週間ぶり。中のカフェは営業しておらず、水をもらって外のテーブルで食べた。ヴェリーヌマロン450円、ピュイダムール・マロン400円。ヴェリーヌマロンはマロンクリームにヘーゼルナッツのキャラメリゼとオレンジと洋ナシとカシスのガナッシュ、ピュイダムール・マロンはパイケースの中にラム酒風味の滑らかなカスタードクリーム栗入り、とか。両方とも地味なお菓子ながら、それぞれヘーゼルナッツのキャラメリゼやラム酒が効いていて美味しい。定番カヌレは店に入ったときはなかったがしばらくすると大量に出てきたので買えた。地元の人よりも足繁く通っているような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼き栗 桜井甘精堂

2017年9月23日
長野県小布施町
Kns1Kns2Kns3Kns4Kns5Kns6 この日から売り出した栗きんとんを買いに今年も小布施へ。桜井甘精堂本店の前のテントで、大量の栗を用意し、栗を焼いている。紙カップ1杯300円で10個ほど、焼き立て熱々を食べることができる。栗きんとん5個入り1296円は朝10時頃にはもう残り少なく、私たちが買ったすぐ後にその日の分が売り切れた。茶巾絞りの栗きんとんで、栗そのものとは違う和菓子の味わいがある。過去には小布施の他の店のものも食べたことがあるが、やはりこちらが好みだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/02

粉門屋仔猫

2017年9月1日
長野市東街
Kon1Kon2お目あてお店のケーキが売り切れとのことで以前来たこちらにお邪魔した。こちらのお店のシェフの奥さまがやっ
Kon3Kon4ているパンとランチが食べられるカフェ。お勧めはシナモンが効いたシナモンロール190円。以前はアイスとメー
Kon5プルシロップでデザート風に頂いたが甘かったので今回はそのままでねこうちゃ390円と頂いた。カウンターで注文と支払いをするのだけど、カウンターで目が合ってしまったバニラにゃイス440円。自家製のバニラビーンズたっぷりのバニラアイスの上にねこの顔と肉球のマシュマロがキュート。写真では見えにくいけど、オレンジピールでできたしっぽまで付いている。ちょっとバニラアイスが甘すぎる感じだったけど、メニューを見てびっくり。LA GATTAのセミフリットがこちらでナッツとドライフルーツのヌガーグラッセとして440円として食べることが出来る。セミフリットのナッツやドライフリーツを混ぜると多分甘いバニラアイスがちょうどよくなるのだろうな。で、LA GATTAでなくてもここで食べられるのはうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤田九衛門商店 鯉焼き

2017年9月1日
長野市東之門町
Koi1Koi2最近話題の鯛焼き。天然物の鯛焼きをインスタにUPするのが流行りらしいが、こちらは海なし県の鯉焼き。オー
Koi3Koi4Koi5ナーが海のないこちらにオープン
Koi6Koi7させるなら鯉だろうと。地元の情報誌で見かけてgoogleで探してみたら地図ソフト上は閉店。ちょっとお散歩がてら場所だけを確認するつもりで伺うとちゃんとお店は営業中。鯛焼きのブームのせいか。こちらの鯉焼き、天然物ではないものの中の餡は信州らしく花豆の餡。プレーンの鯉焼きと竹炭を入れた生地にさつま芋を混ぜた花豆の餡を。イートインがあるらしくお茶を勧められたが他でお茶をするつもりだったのでテイクアウト。花豆の餡は小豆よりさっぱりした甘さで鯉のサイズもちょっと小さくてちょっとしたおやつにいい。いろんな種類があるようなのでまた機会があれば。店頭で焼いているのではなく、袋詰めになって売られているので温かい鯉焼きではなかったけれど。なかなか面白いものに出会えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Patisserie Rond-to

2017年9月1日
長野県小布施町
Rnt1Rnt2久しぶりに長野、小布施。ランチ前のお茶はいつものこちら。平日だが東京から来た人が大量にケーキを買って
Rnt3Rnt4いた。タルトヴェール400円、紅茶、ショコラマント400円、カプチーノ。タルトヴェールはライムとバジルを使った
Rnt5ケーキで、上にバジルの葉が乗っていて、バジルのにおいがとても強い。バジルの香りのするケーキは初めてだったがライムのムースと合っていておいしかった。ショコラマントはドライフルーツが入ったペパーミントのムースとチョコレートのクリーム。チョコレートの中はミントの効いたムースでミントとチョコの王道の組み合わせ、これも美味しかった。ここに来たら外せないカヌレはブランデーの香りが高く、表面がカリカリだがその部分は薄く、焦げ臭くもない絶妙の焼き加減。美味しいケーキを頂いてランチのお店がある長野市へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/15

フランス郷土料理ガレットの店ブレ・ノワール

2017年2月11日
長野県安曇野市穂高有明
Ble1Ble2Ble3Ble4Ble5Ble6Ble7Ble8 安曇野アートラインを久しぶりに通った。このお店は6年ほど前からやっているとのことで、何回か近くを通っているはずだが存在に気が付かなかった。小さな洋館風の建物で、退職後と思われる年配の夫婦らしい2人で営業しているらしい。バターとシナモンシュガーのガレット、ホットワイン、りんごのキャラメリゼガレットバニラアイス添え、ホットコーヒー。香ばしいガレットにシナモンシュガーはこの店のメニューによるとトラディショナルな食べ方らしいががよく合っていておおいしい。温かいリンゴのキャラメリゼは堅すぎず柔らかすぎずの食感で冷たいバニラアイスとの組み合わせがいい。ホットワインはノンアルコールで、いろいろな果物の味が溶け出ていてサングリアのような感じ、どれもとてもおいしかった。店内にはギャラリーのコーナーがあり、写真が展示されていた。この付近にはランチのお店が豊富にあるためここでランチをするのは難しいがお茶には最適の場所を見つけることができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧