2019/04/06

CACAO MARKET by MARIEBELLE

2019年3月30日

京都市東山区常磐町

Mri1 Mri2 Mri3 Mri4 Mri5 Mri6 Mri7 Mri8 Mri9 Mri10 Mri11 Mri12 Mri13 Mri14 Mri15 Mri16 Mri17 Mri18 Mri19 Mri20以前から前を通りかかっていたが秘密のカフェがあることを最近知って伺った。待ち時間1時間は最初にカフェの番号札に印刷されたQRコードを読み取ると、今何番目まで来ているかわかる。順番が来ると地下のカフェに通じる秘密のドアの暗証番号を渡される。白川の土手に面して窓があり、店内はさながらハリー・ポッターの世界。お水のコースターも板チョコをかたどったもの。お願いしたのはルビーチョコレートを使ったテラミスドリンクセット1620円+216円でチョコレートドリンクとフランボワーズのガナッシュがとろけだすフォンダンショコラとアイスクリームのドリンクセット1080円+540円。チョコレートドリンクはヨーロピアンのマイルドステック、とろりとスプーンですくって食べる感じのチョコレートとカプチーノ。チョコレートショップらしい濃厚なデザートでボリュームもある。カンノーロなどもあり本来ならいろいろ試したいところながら、夕食の時間にも近くまた改めて伺いたい。

| | コメント (0)

中村藤吉本店

2019年3月30日

京都府宇治市宇治

Nkm1 Nkm2 Nkm3 Nkm4 Nkm5 Nkm6 Nkm7 Nkm8 Nkm9 Nkm10 Nkm11 Nkm12 Nkm13Nkm14 Nkm15今年度最後の京都、草津日帰りの旅。朝6時のサンダーバードに乗り、以前いちど行列したが遂に食べられなかったこちらに9時20分着、10時の開店まで行列につく。ここでしか食べられない、太い竹に入ったまるとパフェと抹茶ゼリイ。抹茶ゼリィと抹茶のアイス、あずきと自家製の白玉。とても濃厚な抹茶ゼリイとインパクトのあるルックスは、それだけでもここに来る価値がある。まるとパフェも抹茶ゼリィが入っていて中村藤吉本店以外ではグラスで提供されているまるとパフェは本店だけで竹の器に入ってくるのでインスタ映えを狙ってなのかいつも大行列。カフェを待つ間ほとんどの人がショップでお買い物なのでショップも朝は工場から商品が届くまでの間、品薄状態。店内では利き酒ならぬ利き茶もやっていて本業のお茶の販売にも余念がない。栗と抹茶、京番茶のフィナンシェをお土産にした。大きな栗が入っていてボリューム満点。長年の宿題を一つ終えることができた。

| | コメント (0)

2018/12/31

JEREMY & JEMIMAH (ジェレミー& ジェマイマ)

2018年12月27日
伊勢丹京都B1F
Jyr1Jyr2祇園まで行かないと手に入らないと思っていた京都の綿菓子屋さんを伊勢丹のバイヤーが招致した。12月にリ
Jyr3Jyr4ニューアルオープンしたという地下の食品売り場にはリッツカールトンまで行かないと買えなかったマカロンがピエール・エルメ出店で気軽に購入できるように。綿菓子は箱に入ったものだけだけど、桜餅味やほうじ茶味も。今回は桜餅味とチョコミント味をチョイス。1個700円近くとリーズナブルなお土産ではないけれど、話題性は充分。桜餅はラズベリーでピンクを出しているので桜餅というよりは少し酸味がある。緑の部分は桜の葉の塩漬けをふりかけ状にして振りかけた感じ。チョコミントもチョコレート部分はココアの粉を振ってある。なるほどね。食べれば桜餅、食べればチョコミントでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/29

gelato pique cafe(ジェラート ピケ カフェ)京都 The CUBE店

2018年12月27日
京都駅地下2F The CUBE
前回Pic1Pic2Pic3Pic4Pic5Pic6 京都駅地下が大改装していたようで、店がだいぶ替わっていた。河原町の藤井大丸にあったジェラートピケが閉店しこちらに開店したのかもしれない。クレープとジンジャーエール。クレープはデコレーションのない基本的なものだが香りがいい。ジンジャーエールは生姜をすり下ろしてあってとても刺激が強く、店のソフトなイメージと趣を異にしている。駅にあるとちょっとした待ち時間の間に来られるのでとてもうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川端道喜

2018年12月27日
京都市左京区下賀茂南
Duk1Duk2Duk3Duk4Duk6Duk7Duk8前回は粽を買ったが今回はここが元祖のはなびら餅。といってもショーケースなどはなく、完全予約制。こちらのお店では裏千家の初釜に出すお菓子をその形から「御菱葩」(おんひしはなびら)と言い、一般に売るものを試作品とみなして「試餅」(こころみのもち)という。12月1日から予約を受付け、12月27~29日の間に店に受け取りに行く。一般に売られているはなびら餅より少し大きい。適度に柔らかい求肥に包まれた中の味噌餡はとてもきめ細かく、楊枝で切るととろっと流れ出て料理のソースのよう。牛蒡はとても柔らかく煮てあってほのかに香り、求肥や味噌餡とのバランスが絶妙。一つ1500円と驚きの値段だが、こんな小さい菓子でも市販のものとはこれほど違うか、と思わせてくれる。12月1日は電話してもずっと話し中で2日にやっと注文できたが受取は27日しか空いてないと言われ、今回の日帰り旅行が決まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/30

Wakuden MORI

2018年3月26日
和久傳の森内
Wkm1Wkm2Wkm3Wkm4Wkm5Wkm6Wkm7Wkm8Wkm9Wkm10Wkm11Wkm12和久傳の森の中にあるカフェレストランとはいえ、和食メニューも10時半から用意されている。こちらの食事も気になったが今回はお蕎麦の予定があったので午前のティータイム。桑の葉のシフォンケーキミルクアイスクリーム添え600円。手作り金柑ジャムとミルクアイスクリーム540円お水の代わりに温かいほうじ茶が提供された。桑の葉シフォンは多めの桑の葉がほろ苦く米粉ときび砂糖でふんわりと焼かれたシフォン。季節の金柑を甘さ抑え目のジャムと丹後のジャージー牛乳で作ったアイスクリームも和食店らしいさっぱりした物。店内には桑の葉を砂糖衣に混ぜたおかきや蓮根のでんぷんで作ったお菓子など、和久傳の森のオリジナル土産なども販売されていた。敷地内には農園が作られており農作業の為の作業場や穀物倉庫、椎茸を栽培する原木や一面ふきのとうの丘や丹後ちりめんの生産が盛んだったころ育てられていた蚕の餌だった桑の畑が広がっていた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/03

サロン・ド無碍

2017年10月29日
京都市東山区下河原通高台寺北門前
Mug1前回お昼に伺ったが今回は予約を入れてティータイムに。15時迄に入店すれば予約ができるシステム。店の前にはかなりの待ちが出ている中、2部制の昼食の客が出た後に15時から予
Mug2Mug3Mug4約の順に案内される。先に待っていた方ごめんなさい。予約しておいたので特等席の2人席に案内していただきました。ここは菊の井ご自慢の出来立てわらび餅1300円と季節限定のパフェも有るけれど無碍山房濃い抹茶パフェ1300円。このカフェを開くにあたって村田さんが食べて欲しかったもの。温かいわらび餅は絶妙な甘さ加減の黒蜜ときな粉で、おいしい。本当に濃い抹茶のアイスクリーム、餡と抹茶の寒天、白玉、軽いカステラがトッピングされている。でもカステラはいらないかなでアイスはもっとたっぷりがうれしい。また機会があったら他のメニューも食べてみたいな。

食べる(ケーキなど)京都 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/31

京都茶寮

2017年10月28日
京都駅ビル2F
Sry1以前から通りかかって気になっていたお店。京都の老舗和菓子店の和菓子を一堂に集めてお茶と一緒に頂くことが出来るお店。老松栗きんとんがあると言うのでお抹茶とお願いした
Sry2Sry3Sry41340円。栗きんとんは残念なが
Sry5Sry6ら栗だけでなく中に小豆の餡が入っていたが、さすが老松、小豆の風味が感じられないほどに栗きんとんだった。丸久小山園と言うお茶屋さんが出しているお店だが、こちらハーゲンダッツ
Sry7の抹茶アイスに使われている抹茶を供給しているお店と聞いてなるほど。駅中の一等地に出店もそのバックボーンがあっての事かと感心。ちゃんと、抹茶を頂く作法も案内が付いていて親切。場所柄多国語の案内も用意があるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノダコーヒ清水支店

2017年10月28日
京都市東山区清水
Ind1Ind2湯豆腐と引き揚げ湯葉でお腹いっぱいになりながらお茶に伺ったのは前回朝食を頂いたイノダコーヒー。こちらの名物ケーキラムボールが1個だけ残っていたのをカフェオレのケーキセットでお願いした。ラム酒が効いたチョコレートクリームたっぷりのケーキをチョコレートでコーティングしたまさにボール状のケーキ。カフェオレのレトロなガラスの器にも驚いたけれど。なんだか大正時代にでも戻ったかのような店内と出されるメニューが意外と落ち着ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/30

スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店

2017年10月28日
京都市東山区桝屋町
Stb1京都清水にできたスターバックスは京町屋をリノベーションした世界一和風なスタバ。入口にはのれん、低い天井のうなぎの寝床のような通路。手前で注文して受け取りはうなぎの寝床の先、純和風な庭を望むカウンターで受け取って二階へ上がるとイートインスペース。今回、時間がなかったのでテイクアウトで店を出たがこんな
Stb2Stb3作りの建物なので混雑を避けるために入口と出口は別になっていて、出口の側のごみ箱も竹を編んだゴミ箱で
Stb4Stb5Stb6びっくり。スタバはどこでも同じメニューなのに利用しているのは中国や韓国の観光客が多くスタッフも対応におおわ
Stb7Stb8Stb9Stb10Stb11らわ。チャイティをテイクアウトで飲みながら二年坂を登り三年坂を上がり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧