2017/08/27

シンポジウム

2017年8月27日
富山市本町
Smp1情報誌に載っていたので来てみた。店はビルの2階にあって見つけるのに少し手間取った。2000円のランチ前菜4種盛りはガスパチョ、カポナータ、カプレーゼ、フリッタータ、木のプレー
Smp2Smp3トに生ハムとサラミ、パスタは富山のチェリートマトとオリーブ、ケッパーのピリ辛トマトソーススパゲッティと茄
Smp4Smp5子とリコッタチーズのラビオリフレッシュトマトのソース、飲み物はカフェシェケラートとカモミールティ。カフェシェケ
Smp6Smp7ラートはエスプレッソをシャイカーに氷と一緒に入れてシェイクして急激に冷すことと泡立てることを同時にしたも
Smp8Smp9のらしい。少し砂糖を入れて甘くしてあった。スパゲッティはピリ辛だがトマトの味が薄い。ラビオリは生パスタなの
Smp10Smp11にパスタ自体が少々硬かった。ハムが別添え以外は全体的にカフェでありがちな前菜だし、味付けもコストパフォーマンスがいいとは言えないのは、前菜の品数がアピールポイントなのかな。でもこの価格帯でドルチェが付かないのも珍しい。その代
Smp12Smp13Smp14Smp15Smp16わりなのか、会計の時に小さな飴が伝票と一緒に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/19

Erbaccia(エルバッチャ)

2017年2月14日
富山市八尾町
Elb1Elb2Elb3夕方近くに訪れた八尾の街で夕食を済ませて帰ろうと立ち寄っ
Elb4たこちらは久しぶり。前菜をチョイスできる3品と飲み物が付いて1280円。ほとんどここでしか食べたことがないタラモサラダ、鰯のマリネ、カポナータをお願いし、車なのでカシスソーダをお願いした。タラモサラダは言わずと知れたたら子が入ったポテトサラダかなりたっぷり。鰯のマリネは生ではなくて揚げたカルピオーネ。カポナータはビネガーが入っているのか酸味がある。前菜たっぷりなのでパスタはフレッシュハーブのトマトソースソース950円。少し油濃いトマトソースでパスタもアルデンテ。ハーブはバジルではなかったような。前菜盛り合わせがチョイスできるってなかなかいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/17

ventuno alla taiki

2016年10月15日
富山県高岡市 本町
Atk1Atk2Atk3前菜付きのCランチ1800円をお願
Atk4Atk5いしたが、前菜はびっくりなパテとテリーヌのオンパレード。豚肉のパテ、魚介のテリーヌ、金時豆とブロッコリーのテリーヌ、田舎風パテ、イカ墨のテリーヌ、かぼちゃのテリーヌ。かまぼこ好きの富山らしくテリーヌはまるでやわらかなかぼちゃやイカ墨風
Atk6Atk7味のかまぼこ風。野菜もほとんど付いて来なくて同じような食感とテイストの前菜が並ぶとかなりきつい。ボリュ
Atk8ームが売りなのだろうかフォカッチャもふわもち系でおいしいけどかなりでかい。パスタがあまり魅力的なものが無くて洋梨とチーズの焼きリゾットをチョイスしたが洋梨の香りも食感も感じられなくて、金時豆と南瓜かなソースの中にあって存在感が強く金時豆の焼きリゾットの様。ドルチェも思わず笑ってしまうほどの大きさ。アイスコーヒーもボトルで出てきて、富山のボリューム恐るべしと感じたランチでした。以前行ったお店の移転と聞いて伺ったが、ずいぶん昔でそういえば前回もボリュームで驚いたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/26

PIZZA SALVATORE CUOMO

2015年7月25日
三井アウトレットパーク小矢部1F
Kuo1Kuo2夕食はこちら。いっぱいかと思って予約して行ったが席は空いていた。店に入ると元気な声でお迎えしてくれるがイタリア語らしいのでわからない。ヴァージンモヒート680円、ヴァージンサングリア
Kuo3Kuo4680円、バーニャカウダ1242円、白エビゼッポレ432円、ピッツァはD.O.C2160円、スノーエイジングビーフ1922円サングリアは凍ったフルーツにネクターを注いだ感じ。ゼッポレは白エビよりも海藻の香りの方が強い。ピッツァはチェリートマト、モッツアレラ
Kuo5Kuo6チーズ、バジルというシンプルなトッピングでピッツァの祭典「PIZZA FEST」で最優秀賞に輝いたピッツァ”D.O.C”
Kuo7Kuo8主体は水牛100%のボッコンチーニチーズか。トマトソースは濃くなく生地は思ったよりもクリスピーな感じ。
Kuo9Kuo10 スノーエイジングビーフは薄いステーキに煮詰めたバルサミコをかけてある。いわゆる熟成肉なのかもしれないが普通の肉との区別はよくわからない。東京方面のこの店に入ったことがないので比較はできないが、味だけでいうと少々お高い感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/16

LA BETTOLA(ラ・ベットラ)富山店

2015年2月15日
高志の国文学館内
Lab1Lab2Lab3久しぶりに富山のラベットラへ。メイン
Lab4Lab5Lab6のあるコース2800円と前菜とパスタの2000円。前菜は鰤のカルパッチョニンニクとアンチョビのソース、パスタは蝦夷鹿と黒キャベツ、根菜の赤ワインソースガルガネッリ、メインは仔羊の料理盛り合わせ2種で香草グリルとピエモンテ風煮込みをチョイス。パスタのコースはトスカーナの前菜盛り合わせとヤリイカと菜の花のスパゲティアーリオ・オーリオからすみかけをチョイス。氷見の鰤はブランドでお高いのか和歌山産の鰤はクスクスと香味野菜のソースで脂っぽさが少なくさっぱりと。冷たい海の氷見鰤は脂がのり過ぎでカルパッチョには向かないのかも。ガルガネッリはくるりと鉛筆にパスタを巻いたようなパスタで赤ワインで煮込んだ蝦夷鹿がほろりとほどける柔らかさごぼうや人参、大根とじっくり煮込んである。仔羊は本店の香草グリルからはかなりポーションが小さいが羊の臭みもなくおいしい。煮込みも大豆やいんげん豆と煮込まれ少し酸味があるのはヨーグルトかな。アーリオ・オーリオはニンニクが香ばしく歯ごたえのあるイカと菜の花の苦みにからすみの風味がおいしい。こちらボリュームが多いのでデザートは頂かない。でも、以前よりボリュームは控えめになったのは量が多いとのスタッフの忠告を大丈夫と注文して食べきれなくて残す女性が多かったせいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/02

ひまわり食堂

2014年11月29日
富山市石倉町
Hmw1Hmw2何度かトライして予約が取れなかったお店にようやく伺えた。お店の名前は庶民的なのに店内はかなり都会的な雰囲気。食べ過ぎの旅行のあとは食事の量をお腹に合わせて調節できるアラカルト
Hmw3Hmw4中心のお店がうれしい。甘い飲み物が嫌だったのでノンアルコールビールとジンジャーエールの辛口。トスカ
Hmw5Hmw6ーナの前菜盛り合わせは肉類中心とのことだったので野菜の炭火焼き1600円をチョイス。野菜不足を感じてい
Hmw7Hmw8たお出かけ中、大きめ野菜のグリルがおいしい。メインの代わりに前菜の中から羊のメンチカツ1200円をお願いした。スパイスがほのかに効いてちょうどいい具合に羊の匂いをマスキング。ジューHmw9Hmw10シーでさっぱりキャベツのマリネと頂いておいしかった。パスタは黒板メニューを一目見てチョイスしたアニョロッティ・ダル・プリン1800円。いわゆるトルテッリやラビオリのような具を包んだパスタでイタリアピエモンテ州では海がないのでうさぎや牛肉のひき肉を詰める。奈良のこちらのお店で食べ損ねたので執念のアニョロッティ。ソースはクリームで軽く煮込んである。中のひき肉が主張していなくてするっと食べられるおいしい。パンも付いて来たのでこれで普通の1人前なのだろうけど、炭酸もいただいているので2人ともお腹いっぱい。ドルチェもお断りしてお店を出た。席料300円。おいしかったのでまた他のお料理も試したいので伺おうと思っています。ソーセージと野菜の煮込みやバーニャガウダも日によっては用意されているみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/02

LA BETTOLA(ラ・ベットラ)富山店

2014年5月31日
高志の国文学館内
Cia1Cia2久しぶりに予約すると以前より近日でとれたので少し空いて来たのかなと思いながら1時半の予約。相変わらず店
Cia3Cia4Cia5の都合で入れ替え終了後順番(メニ
Cia6ューが決まった順でなくサービスの担当の都合らしい)でオーダを聞くので聞いている間にメニューから消えてしまう料理がある。今回も金目の炙りのカルパッチョをメニューの説明で聞いたがオーダした時はもう品切れと。でカルパッチョは炙ったマグロと真鯛のマリネ、スモークサーモンの3種。前菜盛り合わせはコーンの冷製スープ、いろいろ部分の豚のパテ、魚介とアボカドのタルタル、生ハム、フリッタータ、つぶ貝の香草焼き、カポナータ。パスタは落合シェフのスペシャリテうにのクリームパスタとそら豆ペースト入り蛍烏賊と桜海老、アスパラソバージュのスパゲッティをチョイス。濃厚なクリームとうにのソースはたっぷりでうにの塊が混ざっている。蛍烏賊と桜海老はそら豆のペーストを詰めた蛍烏賊がぷっくり。中から蛍烏賊のみそとそら豆が混ざった初夏らしいペーストがにゅるり。桜海老の塩気と合わさって贅沢なパスタ。消費税アップで2160円のBコース。選び方によってはお得なのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/01

LA BETTOLA(ラ・ベットラ)富山店

2013年6月30日
高志の国文学館内
Lap1Lap2Lap3Lap4Lap5Lap6 久しぶりに予約していった。パスタのみのBランチとメインがつくCランチ。前菜は自家製テリーヌ、本日の前菜盛り合わせはイカのフリット、冷製コーンクリームスープ、魚介のマリネ、タコとセロリのマリネ、パンチェッタ、ズッキーニのフリッタータ、カポナータ、白エビとホワイトアスパラ。パスタは小松菜のアーリオオーリオと季節野菜のバーニャカウダソーススパゲッティ。メインはクイーンポークスペアリブのグリル。相変わらずボリュームが多い。忙しいらしく、入ってすぐに、1時までに出てくれと言われるのでデザートはなし。多分デザートを食べても間に合うと思うがそんな気分にならない。料理も以前ほどサプライズがないのは慣れてしまったのかな。金沢からわざわざ食べに行くことはもうないかもしれない。メインを取り分けるお皿を出してくれたのはよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/22

LA BETTOLA(ラ・ベットラ)富山店

2013年1月20日
高志の国文学館内
Rot1Rot2富山と言うとこちらに来ることが多くなったこの日、早めに並ぶのが辛くて電話予約を入れて置いた。なので、慌てること
Rot3Rot4なく伺ったが店内はすでに入れ替えの時間帯で入口にはあふれんばかりの人。ようやく着席して前菜盛り合わせとラザニア、この日5食限定のずわいとタラバガニのクリームパスタをお願いした。ガス海老のフリット、ポレンタのスープ、ライスコロッケなどあってパンと前菜を頂いただけでかなりお腹がいっぱい。出てきたラザニアがチーズたっぷりで何層にもなっているのでおいしいのだけれど量が多い。蟹のクリームパスタの方が軽く感じられるほど。近くの席では初めてらしい年配のご婦人方がCコースパスタとメインをお選び。魚が大きめですが大丈夫かとスタッフにアドバイスを受けながら注文した25㎝程のめばるのフリットに仰天。同じメニューをチョイスされたお二人、ドルチェまで大丈夫かしらと私たちはドルチェなしで出店。そう言えば、銀座本店でボリューム満点のメインを2人でシェアした私達にお腹いっぱいになりましたかと聞かれた覚えが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/07

LA BETTOLA(ラ・ベットラ)富山店

2013年1月6日
高志の国文学館内
Bet1Bet2昨年、10月から店頭当日予約だけだったランチがB、Cコースに限り2日前までの予約ができるようになった。と言っ
Bet3Bet4Bet5ても、ランチに何を食べたいかはその日の朝決まる私たちのお腹は当然当日予約に高速を走った。予約開始直後に到着したがもうすでに11時半は満席と言うことで13時半を予約。当日予約で食べられるAコースはお任せ前菜3種とお任せパスタで1575円。Bコースは前菜、パスタのプリフィクスで2100円。この日のお任せパスタは海老とズッキーニのクリームパスタ。クリームがおいしいのはさすが。Bコースでチョイスしたのは前菜盛り合わせ安納芋のスープ、カポナータは同じでシーフードマリネが3種。フリッタータ、白レバーの鶏の蒸し物、ライスコロッケ、アボガドと魚介のサラダなど。パスタは魚介のラグーソースをチョイス。いかや海老をミンチ状にしてトマトソースで。ソースは軽めで魚介の風味を生かしたソース。パンもフォカッチャ(南イタリア)、トスカーナもっちりしたパン(中央イタリア)、塩味のないソースを付けるパン(北イタリア)とこだわったパンもおいしい。ランチの時間までお茶をしていたのでドッルチェはなしですが+310円で小さなドルチェとカッフェが付くので富山のラベットラ、東京に比べてお得だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)