2018/03/28

ソニョー・ポリ

2018年3月25日
敦賀市金ヶ崎
Son1Son2Son3Son4Son5Son6Son7Son8Son9Son10Son11敦賀でランチの場所を探していたら、いつの間にかソーニョポリが三国から敦賀に移転していたことを発見。敦賀港に近い赤れんが倉庫内にカフェや居酒屋などと一緒の商業施設内にスペースを広くして、スタッフも増員スムーズに料理が出て来るようになった。前菜、パスタ、魚メイン、ドルチェ、カッフェのプチコース2300円。前菜は3種で豚肉のパテと〆鯖のカルパッチョ、蛍烏賊のトマト煮。パスタは3種からのチョイスでヤリイカとウイキョウのフレッシュトマトソーススパゲティーニと牡蠣のコンフィと小松菜のリゾットをお願いした。トマトソースもリゾットもやや濃いめの味付けでウイキョウはスライスした物が入っていたが香りは今一つ。牡蠣はコンフィにすることで旨みが凝縮しておいしかった。メインはすずきのポワレペペロナータソース。ドルチェはヘーゼルナッツとクリームチーズのトルタとオレンジのガトーショコラをチョイス。いずれもミルクのジェラートにレンズ豆の甘煮をトッピング。カッフェはコーヒー。お天気のいい休日と言うこともあり、店内は満席。大阪出身のシェフは三国での10年を期に敦賀進出を決めたらしい。そういえば敦賀にはイタリアンのお店が少なかったよう。カフェタイムもあるらしく、これからの季節テラスも活躍しそう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012/06/23

ソニョー・ポリ

2012年6月23日
福井県坂井市三国町
Son1Son2Son3初夏の爽やかな風に吹かれてランチと
Son4Son5思い立って来たのが久しぶりのこちら。お願いしたのはパスタランチ1800円だけど追加料理ができるということで
Son6Son7Son8温前菜として丸茄子とモッツアレラ
Son9Son10のオーブン焼きうに添え750円をお願いしたが冷前菜タコのトマト煮ブルスケッタ、鯖のマリネ、いろいろ野菜のゼリー寄せの後にパスタが届いてしまった。オーダミスも重なったのか更に10分待てと。チョイスしてパスタはサザエと安島産もみわかめの手打ちパスタ+500円とハマグリとズッキーニのサフラン風味。パスタはわかめの塩を強く感じる味付けで磯の香たっぷり。リゾットも時間がかかったが温前菜と共に登場。好みとしては丸茄子のオーブン焼ききっとうにを軽くバーナーで焦げ目をつけた方が旨みがぎゅっと詰まっておいしいかなと。デザートはメープルプリンとチーズケーキとコーヒーを頂いたが金沢イタリアンのリーズナブルなクオリティーを考えるとちょっとコストパフォーマンスがよくないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/19

ソニョー・ポリ

2009年8月18日
福井県三國町
So1So2久しぶりのソニョー・ポリは平日にも関わらず相変わらずの人気店。今回、冷前菜、温前菜、パスタ、メイン、デザート、飲み物のコースランチ3150円をお願いした。冷前菜は平目のカルパッチョ、パルマ産の生ハム、蛸のマリネとクスクスのアラビアータ。温前菜は梅貝とサザエのソテー香草バター風味。So3So4So5パスタは4種類からのチョイスができてカジキマグロと古川なすのフレッシュトマトソースのパスタを。オリーブのペーストがトッピングされていてやや塩味が濃い目だが、カジキの生臭さを消すには必要な濃さなのかな。フランスパンに添えられたオリーブオイルも最近出会ったおいしいオリーブオイルということでめったにパンにオリーブオイルを付けないのだが試しに。確かに香が良くて塩味が効いていなくてもおいしい。メインはリードボーを詰めた若鶏もも肉のインポルチーニいちぢくのソース。リードボーはあまり食べたことが無いがコラーゲンの多そうな弾力のあるお肉。いちぢくのソースが鶏肉と合う。
So6So7デザートはパスタコースが5種類から選べるのに対して、コースはそれにオレンジのヨーグルトジェラートがプラスになる。選んだのは塩とキャラメルのジェラートヘーゼルナッツのストゥルーゼル添え。図らずもジェラート同士の組み合わせだったがビターなキャラメルとフルーティーなオレンジピールとヨーグルト風味がおいしかった。
So8So9So10以前訪れたのは新緑の季節。暑い夏の日差しを避けてエアコンの効いた店内から緑濃いテラスを眺めながらのランチも気持ちがいい。別荘地の中にある、落ち着けるレストラン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/10

バードランド

2008年3月9日
福井県坂井市三国町
Bado1
 以前立ち寄ったときにはランチを済ませていたので、デザートしか食べられなくて残念な思いをしたバードランドの再訪。午前中勝山でスキー、温泉に入って三国までランチという荒業。しかし、ランチ時をはずしたおかげでゆっくりランチができた。念願の吉田牧場のモッツアレラチーズのカプレーゼ。ここの主人がイタリアで修行時代も思い出したと言う吉田牧場のモッツアレラは岡山吉備高原産。通常のカプレーゼはトマトが主体だがここはチーズが主役。たっぷりのエクストラバージンオイルに浮かんでいる感じのチーズにマイクロトマトが彩り程度。チーズは手作りっぽくモッツアレラ特有の弾力が均一でない。ここまでシンプルに食べると癖のないモッツアレラの味をストレートに味わえる。いつも食べている市販のモッツアレラの味のなさが気になった。
Bado2Bado3
 お願いしたピッツアはポルチーニ茸とモッツアレラのカンパーニアと以前食べている人を見かけておいしそうだったのでお願いしたカプレーゼ。カンパーニアのポルチーニはドライを食べた感触とは違って茸表面がぬるっとした食感。香りはドライのほうが強い感じがしたので、水煮?フレッシュではないのかな。香りがもう少し欲しいところ。カプレーゼは生ハムとルッコラのピッツアとの説明だったが本来生地だけを焼いた上に生ハムとルッコラを乗せパルミジャーノを乗せるピッツアのアレンジのよう。越のルビー(トマト)とモッツアレラで一旦焼いたピッツアの上に生ハム、ルッコラを乗せてありその上にパルミジャーノ。なので、1つのピッツアで2度おいしい。一番人気らしく、生ハムとルッコラだけのヘルシーピッツアよりボリュームがあってご主人のオリジナルなのかなっと。いずれも生地はもっちり香ばしく、小麦粉に味わいがある。ルッコラも地元の契約農家で作ってもらっているとか。柔らかくて香りがあっておいしかった。
Bado4
 通常、ピッツアの出てくるお店でピッツアのカッターが出てくるがこのお店、刻みの入ったナイフが添えられて来る。これも本場へのこだわりなのかな。昔懐かしいクリームソーダやコーラフロートに混ざってティーフロートなんてのがあってパニーニなども試してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/17

Cafe Dining モンソレーユ

MonnSoreiyu
2007年6月18日
福井県坂井市春江町
 春江町には福井県児童科学館エンゼルランドの全天周映画を見に来たことがある。一時期あちこちに出来た施設も現在も常時上映しているところは少なくなっているらしい。そのエンゼルランドの裏手にあるフュージョン料理と書いたトタン壁のレトロちっくな建物。ランチはパスタかメインにサラダと飲み物がセットになったAランチ、前菜とハーフパスタ、メインと飲み物がつくBランチ、Bランチにデザートが付くCランチ。今回は、Bランチをお願いした。前菜は3品、ラム肉のたたき風、サラダ、いか、オクラ、長芋、めかぶの梅ソースがけ。パスタはえびとグリーンアスパラのガーリックオイルのパスタ。メインは魚がスズキのポワレバター風味ソース、肉は鶏肉のグリルアボガドソース。飲み物はアイスコーヒーとコーヒーをお願いした。
 前菜はいたって居酒屋風。パスタはアルデンテだけどにんにくの香りもいまひとつ。味にもメリハリがない。メインは調理人の好みがマヨラーか?と思わせるまったりしたソース。せっかくのアボガドも風味はマヨネーズ。ちょっと、デザートを追加する気にならなかった。最近、春江町あたりには新しいお店が増えているみたいだけど、ちょっとりサーチが必要かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/01

ソニョー・ポリ

SonyoPori
2007年4月30日
福井県坂井市三国町
 「緑の匂い、日の名残り、遠くに波の音、美味なもの、ごちそういろいろございます。」お店の案内にこう書いてある。以前から気になっていたお店へようやく今回行くことができた。新緑に照らし出された木漏れ陽が店内に差し込み、手作りらしい色ガラスをあしらったグラスがきらきら輝いている。高い天井、ナチュラルな白木で作られたシンプルな店内。まさに緑の匂い、日の名残り、遠くに波の音、でとても居心地のいい場所。ここは東尋坊近くの別荘地の中にあって観光地を通るメインストリートからちょっと奥に入っただけ。何度も近くを通っていたが気が付かなかった。今回、GWということもあって予約でいっぱいのところマダムに無理を言ってランチの席を用意してもらった。パスタランチ1500円。冷たい前菜、パスタ2種類またはリゾット1種類のチョイスが出来る。デザートも5~6種類からと飲み物。前菜はカプレーゼ、子持ちわかさぎのエスカベッシュ、スモークサーモンのダブルマスタードの3種。パスタはかじきマグロのフレッシュトマトソースをチョイス。そら豆と筍のリゾットもちょっと気になったけど。デザートはオレンジクラシックショコラをお願いした。
 パスタはちょっと濃いめの味付けでピリッと辛い唐辛子、ケッパー、細かく刻んだオリーブの実でちょっと苦手なマグロもおいしく頂けた。オレンジ風味のクラシックショコラも期待どうりのオレンジピールの香りがよくて、チョコレートも濃い。「遠いところからありがとうございます。今度、またゆっくり来て下さいね」のマダムの言葉に、ちょっと通いそうです~。実は、このお店に行くためだけに車を走らせたんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/14

ピッコロ・コッコロ

Pikkoro
2007年1月14日
福井県鯖江市住吉町
 行き当たりばったりで行った鯖江駅から越前海岸方面に走った住宅街の中のイタリアンのお店。イタリアの旗が掲げてなかったら見過ごしそうな店構え。以前はボナペティートというお店で、価格帯もちょっと高めだったよう。今は、生パスタのランチが自家製のフォカッチャ、サラダ、飲み物が付いて1200円だからリーズナブル。前菜やスープ、デザートが付いたランチもあったが今回は情報なしだったのでまずは生パスタのランチをお願いした。
 パスタは2種類から選べて、サフランを練りこんだ細めの平打ちパスタにトマトとあさりのソースと太打ちパスタのきのことベーコンのクリームソース。サフランが練りこんだパスタは黄色ががっているがソースがトマトなのでカラーがソースの色かはっきりしないが、もっちりとした生パスタにあさりのソースがからんでなかなかおいしかった。クリームソースのパスタも厚切りベーコンの香りと塩加減が効いてクリームソースがたっぷり。自家製フォカッチャはもっちりした食感で温ためてなかったが、温めた他店のものよりもおいしかった。サラダはレタスの上に千切りの大根が乗せてあって、この店でも売っている自家製の黒ごまのドレッシングをかけてある。
 他の客が食べている前菜もおいしそうだったので機会があったら、また立ち寄りたい。デザートにガトー・ショコラを追加したが、ランチのデザートは+350円。

   by   macaron

| | コメント (0) | トラックバック (0)